カッコイイ!飛行機製作日記
aero.que.jpホームページと連携し、日記形式で模型飛行機の製作過程や感じたことを紹介していきます。そのまとめはホームページに 資料として移していきたいと思います。


プロフィール

yhpon

Author:yhpon
FC2ブログへようこそ!



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



FC2カウンター



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


主翼平滑度

主翼平面度


フィルム貼りました。こうして見るとフルプランクの中央部とハーフプランクの翼端の平滑度は全く次元が違うことがわかります。中央部の平滑度なら飛びそうな期待が持てます。中央部にうっすらと映りこんでいる部屋の絵の額が見えるでしょうか?いい主翼はグライダーの命です。そうそう、エルロンが小さいような気がしませんか?これは今回の実験テーマでもあるエルロン=ラダーミキシングのためです。上半角をラダー機そのままとし、ドラックラダーのように差動エルロンとラダーミキシングで旋回させようとゆうものです。エルロンを抗力的に使用するため小さくした方が良いだろうとの考えによるものです。多くの先人がサーマルでのラダー機の優位性を唱えたように私も完全なエルロン機でサーマル旋回をするのは違和感があります。


スポンサーサイト

フルプランク

フルプランク


だんだんキットの設計を離れていつもの自作の自己流に走りつつあります。(笑)キットはハーフプランクなのですが、中央部上面のみフルプランクにしました。このプランクによる重さの増加は両翼で20gです。ただ主翼を正確に再現することによる揚力の増加と抗力の低下で20gは帳消しになりお釣りがくるだろうと目論んでいます。これまで自作スチレン機を作ってきた中でフルプランクの主翼の性能が異常に良いのはフルプランクによる翼型の正確さによるものと考えています。パワー中心のスタント機はともかく、グライダーやダクト機の空力は性能に大きく影響するはずです。



スポイラー工作

スポイラー


やっとスポイラーが付き、主翼完成のめどが立ちました。なかなかスポイラーの工作は難易度が高いようです。きちんと動くためにはそれなりの工作技術が必要です。これを作りながら工作できない人もいるだろうと思ってしまいました。ラジコンのギミックの中でも引き込み脚より難しいように思います。


動作自体はピンクの紐をサーボで引き、戻りはゴムで行います。アルミパイプはPPロッドを入れてつぶれないように曲げます。紐(水糸)とホーンの接続は紐を縛るのでなく、通して団子を作り抜けないようにするだけです。縛るとスパー等に干渉してうまく動かなくなります。翼部とのあわせはやや大きめに隙間をとるのがスムーズにしまうコツです。



サイドウイング

サイドウイング


ここからはカラーリングから組み立て順序をよく考えて加工していかなければあとで不都合が色々出てきます。特にエルロンサーボを入れて改造しているのでスポイラーと共に主翼プランクが最後になります。ここらがなかなか進まない原因です。すでに少し熱がさめてきており、「やっぱり自作設計の方が面白い」とつまらない反省をしています。(笑)私の設計感覚からすると主翼は強度過多のような気がするしもっと主翼のラインを正確にトレースする構造であって欲しいと思います。せめて1.5mmプランクを1mmにしても上面全面フルプランクであって欲しいと思いました。



X-31

http://www.youtube.com/watch?v=GhonVYFIiP0&NR


製作意欲のわくビデオです。ロックウェルのX31でかなりのマヌーバをこなします。カナードはともかくデルタ翼と思えば難なく飛びそうです。推力偏向システムをどう位置づければいいかわかりません。エレベータと連動するのか?それとも別チャンネルとして3段階くらいのスイッチコントロールするか?難しいですね。


http://www.airshow-magazin.de/images/zeltweg2005_40.jpg


これも作ってみたい双胴機ですね。



お宝

ヨシオカ


モデルショップヨシオカの店主というよりも元F3A世界チャンプ吉岡先生から送られてきた「返信」です。10数年前オンエアーを改造したときに部品の箱とともに送られてきました。その時は大変うれしく今でもお宝として大事に保存しています。



グライダー主翼

主翼


ナツメグの主翼2mです。スポイラーやエルロンの工作、主翼のスパーカンザシなど細工が多いのでここでかなり時間を割くようです。主翼は普通の2機分の工作がいります。操縦システムについていろいろ考えた結果補助として翼端エルロンを追加することにしました。この機体はラダーシステムとして設計されていますが2mクラスでもあり長い主翼の小舵を反応よくしたいため小さめのエルロンを追加しておきます。ただクラークYに近い翼型でエルロン動作をしますとアドバースヨーの影響が強くでますのでラダーをミキシング併用します。設計上の上半角等は変えずラダー機としての本質は残しながら補助エルロンで操縦したいと思います。オンエアー1700Eでこれと同じようなシスムテムに改造をしたことがあります。






上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。