カッコイイ!飛行機製作日記
aero.que.jpホームページと連携し、日記形式で模型飛行機の製作過程や感じたことを紹介していきます。そのまとめはホームページに 資料として移していきたいと思います。


プロフィール

yhpon

Author:yhpon
FC2ブログへようこそ!



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



FC2カウンター



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


胴体分割

分割胴


分割胴です。薄いノコ刃でラインを入れたあと、ある方法でばっさり切断します。通常ノコで全部を切ろうとすると反対のラインに影響を与えますので都合が悪いのです。この方法だとラインが綺麗に出ます。中の切断ラインはどうなろうが全く関係がないのです。
そして切断したのち、PPテープで覆っていきます。多少カーブで波が出ますがシワになりそうなところは、切断して短くして曲線になじませます。細かく見るとまだ凸凹はありますが、下地パテできれいになるのでこの段階ではあまり神経質になる必要はありません。自由に形を作ることは模型の本質です。これが空に舞う日を夢みて頑張ります。私はヘリが前傾姿勢で向かってくる姿勢が一番好きです。


スポンサーサイト

中空尾翼製作

中空尾翼


中にパイプが入るため、中空尾翼とします。テール部分は穿り出す手が届かないので溶剤で溶かす必要があるかもしれません。尾翼がつくとサマになってきます。いよいよ2つに分割してFRP貼り作業に入ります。やはり素人でもFRPを貼って自由に成型できることは模型製作にとって画期的なことのように思います。これだけの曲線が自由に作れることは過程を眺めるだけでも大変楽しいものです。またボディーをつけること自体電動ヘリラー(新語)にとって憧れでもあります。



FRPボディー製作中

フォーム


FRPボディーの製作に入りました。心うきうきしながら発泡材を削っていきます。形状はいろいろ考えた末、ジェットレンジャー風のボディーに落ち着きました。ジェットレンジャーはヘリを始めたころからの憧れであり、どうしても作ってみたいものです。スケール的に全く同じにする必要もなく自分なりに同じようなものであればよいのでデザインを昇華させてより作り易く適合したものに詰めていきます。発泡材の切削作業は能率が良くあっという間にそれなりの形になっていきます。25mmの板を6枚重ねていますが、センターからこの重ねたラインが基準となりますので大きな狂いもなく左右のラインを眺めながらラクラク作業が進んで行きます。
マイクログラス3プライ、生重量160gを予想しています。自分で作れば市販のボディーが問題にならないくらい軽くできます。



オリジナルボディー研究

オリジナルボディー


EP-16用のオリジナルボディーの検討です。ミニチュアでボディーを製作してみました。イメージはジェットレンジャー+エキレイユです。できるだけ単純な形にモディファイして製作時のコツを検討していきます。段差の製作が一体ものでは難しくボディーのキレがなくなります。分割も考えたほうがよいでしょう。またメカ積みまで考えておかなくてはなりません。EP-16をボディーにそのまま乗せるには少し平べったい形が理想的なようです。最近ラジコンにおけるモノ作りが危機的な状況になっています。自作がバカらしくなるくらい完成機が安いのは周知の事実です。しかしただ購入品を組み合わせて飛ばすだけのものでは私はどうしても好きになれないものがあります。自分で創造して行くクリエイティブなものが一番私の性格にあっているようです。



基本の大切さ

st01


空撮仕様をまたスタント仕様に戻しての飛行です。今日は曇り空で光が乱反射して機体の姿勢が一番見難い日となりました。この日はバロン60でロールをして以来、本当に久しぶりにスタントヘリでロールを行いました。まったく機体になれていないというか姿勢の確認がなっていません。もう少し水平直線飛行をできるようなれなければいけません。基本は大切です。動画も一応撮ってもらったのですがちょっと小さすぎで姿勢は自分しかわからないでしょう。まして動画圧縮したら何が飛んでいるかもわからないと思います。ただ自分にとってもこの分野に久しぶりに戻ってきたのがちょっと嬉しかったりします。






上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。