カッコイイ!飛行機製作日記
aero.que.jpホームページと連携し、日記形式で模型飛行機の製作過程や感じたことを紹介していきます。そのまとめはホームページに 資料として移していきたいと思います。


プロフィール

yhpon

Author:yhpon
FC2ブログへようこそ!



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



FC2カウンター



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


ナセル仮完成

ナセル


EDFナセルが仮完成しました。このナセルが今回の工作で一番の難しい工作でした。まだダクトに合わせての3次元曲面どおしの合わせがあります。ですから上は現物合わせを考慮し、多少余裕をもたせてあります。設計で苦労したのは模型のダクト機はファンのすぐ後ろにモーターがあるため、マウントがどうしても前に寄り非常にマウントしにくい工作になってしまいます。またナセル自身がテーパーかつ非対称、斜めに立つという大変基準面がとりにくい品物となっています。ですから正確に作るには基準面バルサを中に作っておく必要があります。また中面はアンプを格納しますので空洞を用意しておかなければなりません。ですから基準面は外側のバルサの一面を貼ったあと、アンプ用の穴として取り除いてあります。


スポンサーサイト

ナセル失敗

ナセル


ナセルの組み立てに入りました。しかし通常の主翼の組み立て方でナセルを組もうとして失敗しました。冷静に考えてみるとリブが2つしかないものをイモつけで正確に組めるはずもなく、組み立て方に問題がありそうです。この場合、仮付けで平行四辺形の枠を組んでから上下を組みカバーするのがよさそうです。ホンダジェットのナセルは構造的にみて大変重要なパーツで、大きさから見て垂直尾翼の補助も相当しているような気がします。また整流と片肺対策にも大きな役割をになっているような気がします。飛行機にはその形になっている必然的な理由が必ずあり、いらないものはついていないはずです。自作で作る楽しみのひとつに設計者の思いをどのように解釈しながら組み立て行くか?ということがあります。



引き込み脚の完成

引き込み


引き込み脚完成しました。今回は補強材に桐材を多用しています。高級仕出し弁当についていた箱をばらして材料としましたが、軽く正確かつ緻密な木で大変重宝します。ハードバルサよりねばりはありませんが、硬く均質な感触でカンナ等の加工性が良好です。


さて、今回は引き込み脚はOKスープラ30、サーボはwaypointのW-150パワー(引き込み脚用)を使いました。。16gと軽いのが魅力です。1.8KGまでの機体とのことですが、確かにぎりぎりOKであまり余裕はないようです。何回も脚を動かすとサーボ自体がかなり熱を持ちます。ただあまり動かすところでないので消費電力もないはずで、引き込み専用サーボは終点でまったくぴくつかないので気に入っています。


もうこの時点でダクト用のマウントは完成しています。重量物であるダクトと力の掛かる脚がほとんどおなじ位置にあることで力学的なバランスがよく、補強が兼ねられることで重量的には大変有利です。ガルフストリームのように胴体にエンジンがあるタイプはどうしても足のための主翼部分とエンジンのための胴体補強が必要で無駄な重量がかさみます。そんな意味でもホンダジェットはよくできたジェットだと思います。



引込脚

引き込み脚


仕事が忙しくなかなか製作の機会がありませんが、わずかでも進むよういろいろ頭を使ってやっています。考えてみるとこれまで作り終わってしまうと、そこで楽しみが終わってしまいそれ以上楽しくありません。(笑)なのでゆっくり製作しながら楽しみを味わいつつ作っていくことにします。どうも根っから工作は好きなようです。でも根を詰めてつくると体にきついのでほどほどにしながらにしましょう。


さて、引き込み脚はOKスープラに決まり位置的にもOKとなりました。ここから先は以前に作ったフォッケウルフTa152のようにすればよいので同じ構造で作るつもりです。いずれにせよ、長期に製作を考えていますので必要な部品もすこしづつそろえていくことにします。






上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。