カッコイイ!飛行機製作日記
aero.que.jpホームページと連携し、日記形式で模型飛行機の製作過程や感じたことを紹介していきます。そのまとめはホームページに 資料として移していきたいと思います。


プロフィール

yhpon

Author:yhpon
FC2ブログへようこそ!



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



FC2カウンター



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


胴体荒加工
predou
胴体荒加工完了しました。いつものようにフォームを重ねて削り出しです。3面図と写真から立体をイメージし、ノコとカッターとペーパーで成型していきます。一番難しいのは円を綺麗に加工することかもしれません。一応、円のゲージはあてますがそれより面の直線のほうが重要かもしれません。面の直線度は板を重ねた分割ラインでわかりますので、左右対称になるように目見当で見ていきます。以前ライクレンジャーの断面の精度を測ったことがありますが、目でみて加工しても左右断面ラインは1mmも狂っていませんでした。今回もプラマイ0.5程度で加工できているはずです。いよいよ加工も面白い段階に入ってきました。
スポンサーサイト

上面フルプランク
purankugo
上面プランク終了しました。ご存知のようにバルサは天然材ですので、板は必ずしも1枚の中で均一でなく、左右でかなり片さは違います。市販のバルサはたいてい中心に向かって取っているようで一方の端は固い部分が多いようです。これがプランクには最大の障害となり、一枚の板を左右で同様な形状にはとれませんでした。硬さの違いは極端な曲げの違いになるため、同じような硬さの板を合わせていかないと前縁部分から中央部分はうまく覆えません。硬さと重さのそろう何倍も材料を買う余裕があればこうゆうことはしなくてもいいのでしょうが、そうもできないので硬さをあわせながら材料を取っていきました。この上面フルプランクは、あらかじめ板どおしをあわせておいてからカバーしています。よく一枚づつプランクする工作法もありますが、板どうしのあわせが困難になるとおもいます。このやりかたでしたら、板と板の合わせはぴったりいきます。
さて、正確にできた翼型はかなり性能がアップします。その意味で以前と比べて模型にもフルプランクをすることが多くなりました。特に高速で飛ぶ機体ほど正確な翼型は飛びの差が現れるような気がします。ハーフプランクではリブキャップという工作上も、フィルムの張りからもまともな翼型はできません。これまで模型の性能を落としてきたのはハーフプランクによるものではないでしょうか。

FRPキャノピーテスト
tes-cano
さて例のFRPキャノピーテストですが、結果的には失敗です。一番初めに製作したテープでの製作方法のほうが優秀であることがわかりました。やはりフォーム材に直に貼るとどうしても樹脂の量が増え軽くできません。私はなにがなんでも裏までは研磨したくないので、元に戻すことにします。ただ、フォームにパテを埋めた場合、テープは全く付きませんので、その意味で水性塗料は必要と思います。FRPを0.3mmで形を綺麗につくろうなどというのはかなり技術的に難しい作業で、その意味で市販で量産型はなかなか出てこないと思います。写真は離形剤を注意して塗ったにもかかわらず、FRPの裏に塗料がべったりくっ付いてしまったものです。こさげばとれますが、塗料自体に膜を保持する力はなく、取りにくいものです。




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。