カッコイイ!飛行機製作日記
aero.que.jpホームページと連携し、日記形式で模型飛行機の製作過程や感じたことを紹介していきます。そのまとめはホームページに 資料として移していきたいと思います。


プロフィール

yhpon

Author:yhpon
FC2ブログへようこそ!



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



FC2カウンター



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


床上浸水(一部)
sinsu1
sinsu2
24日の夜10時30半からでした。ひどい雷と集中豪雨が襲ってきました。ちょうどその時間は満潮と重なり、浸水被害のおこりやすい条件でした。それからしばらくうとうとして寝つき深夜2時に様子を見てびっくり、ご覧のように床上10cmの浸水がありました。2時にはすでに水は引いておりこの間のわずか2時間程度の間に水面が何十センチも上がったようです。ここ(広島・呉)でも200mmを超える雨が降ったようで、今日は一日後始末に追われました。ラジコン関係の被害も送信機は2つとも水に浸かってしまいました。ちょうど電池の部分が水に浸かり「ピピピーーー」と警告音を出していました。ACアダプタを代わりものを作ってようやく通信が可能となりました。たまたま床に倒れていたノートPCが水没したのが痛いです。正常な状態に戻るにはかなり時間と金が掛かりそうです。頭痛い・・・・
スポンサーサイト

パテ塗り
patenuri
パテ塗り作業開始です。ここからは地味な作業の繰り返しです。そして失敗が大きな後戻りになる工程の繰り返しになります。「急がば回れ歩道橋」のことわざどおり、各工程の間が空き、乾かないまま作業を進めると失敗の確立が大きくなります。そんなことで、主翼の仕上げを最後のここに挿入することにしています。それでもぜんぜん待ち時間が多いような気がしますが、まあそれ以上しかたないでしょう。ここまで
①パテの下塗り(水で溶いたもの)1回
②パテを手でぬりたくる。
を行っています。
まだこれから、
③半分研磨して薄い個所の修正
④仕上げ研磨と修正パテ
と長い工程があります。それぞれの時間は少しですが、いずれも乾燥までそれなりの時間が必要です。梅雨明けから塗装を開始できるようだとベストです。


主翼アライメント
araimento
ホンダジェット主翼アライメントを取っています。自作で一番問題になるのは主翼・動力のアライメント関係です。水平・垂直はもちろんですが、どれだけ主翼迎角をとるかとか、スラスト軸の関係、トルクの影響等は経験がないと推測でしか工作できません。今回は、翼型の仰角による影響は前作ピラタスで確かめてありますのでほとんど間違いはないでしょう。またモーターを軽量化し、重心より後ろの軽量化ができたことが大きいのです。重いバッテリを積まなくても済みますし、重い動力ケーブルを延ばさなくても済みます。また機体後部の剛性は裏面をカーボンロービング補強としました。これで軽量にT尾翼取り付け部の補強ができました。飛行機というの軽量化は積算的な要素があり、悪いほうに傾くとドンドン重量がかさんでいきますが、軽量化のいいループに入ると、軽い→力が掛からない→補強がいらない→材料が少なくて済む、小さいものでOKと、関連してどんどん軽量化がすすむ傾向があります。ホンダジェットはアライメントのほとんどが主翼に集中しており、主翼の重要度が高いと思います。よって重点的にアライメントの計測を行っています。




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。