カッコイイ!飛行機製作日記
aero.que.jpホームページと連携し、日記形式で模型飛行機の製作過程や感じたことを紹介していきます。そのまとめはホームページに 資料として移していきたいと思います。


プロフィール

yhpon

Author:yhpon
FC2ブログへようこそ!



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



FC2カウンター



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


TWIN COMETS
doutaiara
ツインコメットの発泡部の中仕上げまで出来ました。ほぼ形になっています。全体をもう少し研磨しなけれななりませんが。さて、名前についてですが、表記は「TWIN COMETS」とし、日本語はツインコメットとしました。一応英語は複数形なので「s」をつけますが、カタカナ表記はSをつけると言いにくいのでそのままツインコメットとします。
自分のオリジナル機体なのでなんでも有り(笑)とします。なかなかカッコイイ機体が姿をあらわしてきました。
これまで市販のスタント機として売られているものにはない、プロペラのないノーズです。ちょっと異色な雰囲気さえあります。
重量管理もまずまずうまくいっており、フルプランク主翼150g、胴体205gが現在の重量です。尾翼がまだ出来ていませんが、ほぼ重量的なメドは立ちました。主翼1400mmの機体が1500gで出来るかもしれません。
ジェット機で前2車輪はちょっと変わっていますが、重くなっては全ての価値がなくなるので今回は2車輪とします。
スポンサーサイト

リポによるパワーの違い
lipo22
EDF70ツインダクトの実験機ブルーアローにてリポによる差を見てみました。上が30C下が20Cの旧タイプです。しばらくテストで古い20Cタイプを使用して様子を見ていましたが、「これならいける!!」の感触をもち新リポを調達しました。
結果はパワーが10%アップしました。具体的には900W→1,000Wとなりました。このとき推力重量比は1.1→1.3となりました。この推力重量比1近辺のわずかの差は大きく、今回で勢いをつけないで垂直上昇が可能となりました。
すなわち中スローからアップを引いてフルハイの点になるまでの垂直上昇が可能となりました。
もうダクトでもかなりプロペラ機に近いところまで行っています。このリポの進化によって安定した低速から高速、垂直上昇まで可能なダクトスタント機のメドが立ち、また一段と新機体への希望の思いが強くなりました。

ツインコメット胴体発泡ブロック
doumae
ほぼ胴体の形ができましたので前部成形に入っています。前部はいつものように発泡ブロックを重ね合わせ、成形切削します。通常の工作法はバルサブロックをふんだんに使うやり方がありますが、非常に重いやり方でブロック自体が手に入りにくいものとなっています。ですので主翼-尾翼ラインが正確に出るバルサを使いながら、3次元曲面も前だけは表現できる発泡+FRPでいいとこ取りでやっています。しかもこの方法はバルサブロックなどとは比べようもないくらい軽く仕上がる方法です。ただFRPを貼ると塗装となり、フィルムでは仕上がりませんが、ごく前の一部ですのであまり重量の増加もなく、万一、墜落時も発泡ブロックが機体やリポを保護してくれることも期待しています。すでにこのやり方も技術的に安定した領域に入っており、なんの苦もなく仕上がるものになっています。

発泡機の限界
ba-duct2
プロペラプッシャー機として製作したブルーアローもダクト機として生まれ代わり、素晴らしい特性を持つようになりました。ただ、スピードが上がり、やっかいな問題も持ち上がりしました。「フラッター」です。ダクト機になってララダーにフラッターが頻繁に起こるようになりました。大変怖い現象で、とても水平直進飛行を全開にできなくなりました。空撮プロペラ機として設計したものなので最初からわかっていたことです。しかしこんな実験の面白さは、なにものにも代えがたい味で、ついのめり込んでしまいます。主翼は高速ターンで一時ねじれ、空中分解寸前まで行きました。あとで主翼を見ると中央のバルサがザクツしていました。スチレンとテープだけでもっていたことになります。
トリムが大幅に狂いおかしいなとは思っていましたが・・・
やはり発泡の混じった機体の限界みたいなものを感じます。高速性能を狙うEDFは剛性のしっかりした物を使わないとかなり危ないものとなります。このユニットはツインコメットの完成とともに載せ代え、4年に及んだブルーアローの飛行も退役とさせる予定です。




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。