カッコイイ!飛行機製作日記
aero.que.jpホームページと連携し、日記形式で模型飛行機の製作過程や感じたことを紹介していきます。そのまとめはホームページに 資料として移していきたいと思います。


プロフィール

yhpon

Author:yhpon
FC2ブログへようこそ!



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



FC2カウンター



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


HONDAJET飛行の動画
kasaoka_in

ホンダジェットの飛行の様子を撮影されていた方がいてその様子をYoutubeで公開しています。
(タマゾーさん撮影)たいへん私にとって意義深く貴重な映像になりました。おそらく、自作EDFでは初めてかもしれません。飛行自体はトリムが綺麗にあっていたこともあり、かなり楽に飛行できました。それでもあまりバンクをかけるとヨロっとしているところも映っています。思ったよりピッチングは安定しており、特に推力関係は非常によく設計時のセットができています。すなわち推力を上げれば素直に上がり、下げれば安定降下するようです。ただバンクをかけてもあまり曲がらずエレベータの操作は許されず、ラダーを操作する余裕もなく飛行には苦労しました。また今後に向けての課題をよく勉強していこうと思います。とにかく飛行成功は良かったと思っています。ひとつ肩の荷がおりたような感じです。

スポンサーサイト

GGEJR in 笠岡でHONDAJET初飛行成功!
kasaokaGGEJR
笠岡でのHONDAJET初飛行成功しました。脚は引っ込めない、フラップは片側動かないでの飛行でしたが、無事に2周して戻ってきました。調整を念入りにやったことでノートリムでの飛行となりました。主翼のエルロンは前のままなのでともかく、エレベータは推測ですし、重心位置も滑空の姿勢から見てぴったりでした。相変わらず曲がりにくいことはあり、コースを取るのに私の技術では苦労しました。笠岡の広い飛行場の利点を最大限利用したと思います。(ようするに下手)(笑)でも飛行姿勢は実機のようでなかなかカッコイイものでした。足掛け3年にもおよんだ挑戦にもひと区切りがついたようです。皆さんの期待を背負っての飛行でしたが、満足感でいっぱいの飛行でした。
さて、笠岡での飛行はブルーアローでの空撮に挑戦し、まずまずの映像が撮れました。ダクトの微振動があり、やや映像が甘くなりましたが、見れないほどではありません。映像はTOKUさんとこに送るのでそのうち「TOKUさんのラジコン部屋」のとこから公開されると思います。だだっ広い笠岡農道飛行場がよくわかると思います。近くではパラやモーターパラがゆっくりと浮んでいました。
今回もジェット団との混合なので戸惑う面もありましたが、普段見れないジェットがいろいろ見れたことが収穫です。

軽量飛行機
ba-videotuki
軽い飛行機はつくづく素晴らしいと思う。このブルーアローはその軽量さと主翼の揚力の大きさからペイロードも大きく、160gのビデオはらくらくと搭載できる。この状態でも推力重量比は1を超える。(2000/1700)
なのでビデオカメラがなければ無限垂直上昇が可能なダクト機、空撮時は可変キャンバーを操作して高揚力練習機へと早変わりするものだ。それも軽い重量があればこそ可能なものだ。その操縦性の良さからつくづく軽量な機体はいいなとホンダジェットなどと比べて思ってしまうのです。

ツインコメット主翼胴体接合
karikumitwc
ツインコメットの胴体と主翼を合わせて接続部の加工を行っています。接続はいつものように6mmのポリカーボボルト、ナットでいきます。また、接続ができることによってやっと主脚部の加工ができるようになります。この部分は最初は設計時には考えにくいところであり、現物を見てやり方を決めています。スタント機としては見慣れないノーズでやや強めの後退角ですが、自分のカッコイイと思うデザインなのでこんな感じになっています。尾翼がつけばもっと締まった形になると思います。ようやく眺めて楽しいところまできました。

フルプランク主翼
fullpranksyuyoku
ツインコメットのフルプランク主翼を仕上げています。翼端はいろいろ考えてた末、バルサにスチレンブロックをサンドイッチとしました。翼端のみFRP仕上げとなります。結局、バルサブロックを使うと1個20g程度をみなければなりませんが、この方法だこれまで1個6g、FRP仕上げでも10g以下でできます。形状も成形しやすく綺麗に加工できました。
主翼は9%の薄翼で設計されています。この機体を作るに当たっては、私の憧れの機体である、吉岡さんのブルーエンゼルやプレットナのキュラーレなんかを研究しています。温故知新でキュラ-レなんかは尾翼下反角、フラップ装備なんですね。これにもそれを取り入れようと思っています。ARF全盛の中でスタント機だけは自作で作らないだろうと思っていましたが、それがダクト機であれば話は違います。世の中に1つしかない飛行機を作ることは大きな自作の喜びであるとともに自慢でもあります。




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。