カッコイイ!飛行機製作日記
aero.que.jpホームページと連携し、日記形式で模型飛行機の製作過程や感じたことを紹介していきます。そのまとめはホームページに 資料として移していきたいと思います。


プロフィール

yhpon

Author:yhpon
FC2ブログへようこそ!



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



FC2カウンター



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


コリジェット初飛行成功
コリジェットの初飛行は成功しました。大変気持ち良く走ります。また適当な上反角で直進性もよくバンクをかけても不安がありません。推力重量比は1.1程度と思われます。経験から1.3あればダクトでも垂直上昇します。エルロンは小さいですが、効きはコントロールにはいい感じです。エルロンエレベータともあまり早すぎない適切な舵の効きです。これならいくらでも何回でも飛ばせます。なにより爽快感のあるジェットなのです。主翼のできの良さは手加工では真似のしにくいアベチプランクなので当然といえば当然です。とにかく良く飛びよく伸びるEDFが完成しました。主翼胴体は分割していませんが運搬等のハンドリングもいい点も気にいっています。
スポンサーサイト

コリジェット完成
corijet-s
前回に足をつけてコリジェットが完成しました。デザインがどこかでみたようなものになっているような気がしてしかたありません。ルータンかな?まあ影響を受けている天才デザイナーには違いありません。この双胴デザインは足をつけるのにも都合よく前一つで3点足になります。後ろはソリでなく、子供の飛行機からもらったゴム動力機の車輪です。まさに色も青でぴったりのものです。離陸時の直線性は担保されていませんが、着陸で胴体をこすることはありません。重心位置も完璧で飛ばない要素はほとんどないと思います。3chなのがたまにキズですが、EDF56で出るスピードはどんなものでしょうか?抵抗は少ない機体かつ丈夫な主翼で期待できます。ハイバンクターンなんかが得意のはずです。日曜日も天気は悪目ですが、なんとか雨の切れ間を狙って行きたいと思います。

設計構想ミス
doutaituke
コリジェットの胴体塗装を終わりました。重心設定の構想に勘違いがあり、
思ったよりかなり胴体を伸ばさないと重心位置がとれません。この機体では
機器の搭載位置を調整できませんので、胴体の取り付け位置を変えるより
ありません。当初の考えより主翼が50mm後ろに行きました。その分胴体を伸ばして
います。また、リポを1300mA→1800mAに変更してようやく規定の位置になっています。
この主翼の重心位置はすでにわかっていますので話は簡単です。
重心より後ろが重過ぎるか、前が軽すぎるのです。ダクトももう少し前のほうが
よかったかもしれません。見た目的にはこんな位置だと思いますが・・・
とにかくリポだけで40gは増加します。機首に鉛を入れるよりはいいのですが、
重量級となってしまいました。

コリジェットFRP貼り(前部)
frpharimaebu
コリジェットの前部をFRP貼りしています。今回はかなり簡略化した工作方(手抜きともいう)で行っています。スタイロフォームに3mmバルサを接着し、そのあと、適当に削ってパテ成形、そのあとマイクログラスFRP貼りと行っています。小さい胴体ですが、一応曲線胴としています。こんなものでも、もはや四角胴に見えないようにしたいと思います。この胴体には胴枠は全くありません。いや必要がありません。シンプルに加工することは軽量化にもつながります。胴体の中には受信機とバッテリーのスペースしかありません。それでも十分用の足りるものとなっています。

主翼活用コリジェット
karinose
たいぶ完成形が見えてきました。色あいはよく見えるよう派手にしています。さてコリブリの主翼をチップエルロンに改造し、サーボを埋め込む作戦を行っています。新しい主翼ではもったないですが、捨てようかと思って迷っていた主翼なので惜しくありません。修理して立派に復活しました。コリブリの主翼は素直でスピードに乗りなおかつ操縦性のよいものです。飛行機の主翼の性能が保証されていれば、ほとんどが良く飛ぶ飛行機になります。気楽に飛ばせるEDFを一機と思っていましたし、リポ・モーター・RCメカ・材料等全部を余り物でうまく活用して作っています。スピード系のEDFですが、かなり操縦性もよさそうな気がします。

ツインコメット2nd飛行
今日は写真はありません。日曜日は雨で梅雨入りとのことで久しぶりに土曜日に飛ばしに行きました。それも午前中です。なかなかいい天気で飛行には最適な気候でした。この季節はリポも活発で、冬より1割くらい電力が増します。なので垂直上昇もよく引っ張り、まずまずのものとなりました。
風もあまりなかったので着陸も伸びます。抵抗の少なさを表すかのようにグライダーのような伸びがでます。またダイブすれば相当の迫力でうなりをあげながら綺麗な直線を描きます。
設計的にも成功していることを実証しています。プロペラスタント機はわざと抵抗をつけるような設計が多いですが、べースの空気抵抗は少なく、スロットル=ダクト・フラップで自由に抵抗を調節できるこのツインコメットのような機体の設計は当初自分が思ったよりもかなり優秀なシステムではないかと思います。

あっさり塗装
corijettosou
コリジェットを翼端の補修をしてからあっさりと塗装をしています。あまり厚く綺麗に仕上げるものでもないのでごくあっさりと塗装しています。特に黄色は隠蔽力が弱い色でなかなか下地の色は隠れません。よって以前のマーカーまですべて透き通って見えています。一番問題なのは翼端エルロンであとから翼裏に溝を入れてサーボコードを埋め込む作業をしなければなりません。なおダクトナセルはいつものようにアウター方式で主翼の上に載せる予定です。いつも実験的要素が強い私の工作ですが、得られたデータは自分のカテになりその蓄積によって私の製作模型が成り立っているはずです。

HONDAJET整備
seibi1006
ホンダジェットの整備をしています。6月13日(日)笠岡でまた飛行会があるとの告知をチラッとかきさんとこの掲示板で見ましたので参加を前提に進めています。3月22日に飛行成功以来全く出番がありませんでしたが、また最高の飛行場での飛翔ができそうです。完全にイベント用機体となりましたが、まあ製作の苦労を思えば大事にしたい機体です。さて整備ですが、まずフラップの動作ですが、サーボコネクタが完全に入っていなかったか接触不良でしょう。今現在は全く問題はありませんでした。一応中継コネクタを新規のものと交換としておきました。あと問題はエアリトラクトでした。どうもこれまで動作があまりよくわかっていなく開脚でエアーが抜ける音がして1回しか動作しませんでした。どうもエアバルブのストロークが合っていなく、そのストロークをフルに使っていたのが原因のようです。エアバルブは動作をいろいろやってみるなかで3種類の動きをするようです。すなわち、①脚を入れる動作→②脚を出す操作→③+そこからエアを抜く動作。この3つで成り立っていることがわかりました。これまでこの動作のうち①と③だけを使っていたため、おかしい???と思っていました。やっとこの問題も解決し、ちゃんとリトラクトも10回くらいはOKとなりました。ついでにラダーとノーズのリンケージを修正し、まっすぐ走る、ラダーのニュートラルも出し、整備は完了しました。あとはリポを充放電させて活性化させてことが必要です。




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。