カッコイイ!飛行機製作日記
aero.que.jpホームページと連携し、日記形式で模型飛行機の製作過程や感じたことを紹介していきます。そのまとめはホームページに 資料として移していきたいと思います。


プロフィール

yhpon

Author:yhpon
FC2ブログへようこそ!



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



FC2カウンター



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


ツインコメット飛行感想
twin-c2ndf
先週飛ばしたツインコメットの飛行の感想です。このときはたまたま初めて見るベテランの人Yさんがいておどろきの声が「ひょえー」とか「ええ音しよるねー」「かっこええー」「ダクテッドがナイフエッジしますかいまごろは・・・」といいコメントが入っています。まるで効果音(笑)のようです。機影が小さいこともあって見ている人が良くわかる解説のような映像になっていました。自分がF3Aにはうといこともあってあまりスタントはできませんが、性能のすごさが驚きになっていることが良くわかります。ダクトというとスケールが全盛で中華製が山ほど売られていますが、私は自作で自由な発想の中から「こんなこともできるのではないか?」という皆さんやメーカーに対してのメッセージが込められています。実際これだけ良く飛べばダクト機に対する見方も変わるだろうと思うのです。
スポンサーサイト

ツインコメット正式改造
3biyokukai
試験飛行をして3尾翼式の改造で劇的に操縦特性がよくなったので、正式製作としました。またラダーリンケージの両引きワイヤーが少したるんでいましたので、調整しました。これでバンバンスタントができるはずです。特にタテモノ=ナイフエッジ系統のもののクセを見て行きたいと思います。テールの安定は操縦の全てに影響します。特に一直線に飛ぶ飛行機はとても気持ちよくこれなら手放しでもまっすぐ飛んでる・・・と非常に気持ちいいものです。加えて安心感もあり、完成度の高いダクト機になっています。よくフロート付きの機体にこんな尾翼をよく見かけますが、真中のダクト=フロートと一緒と考えればしごく納得のいく空力特性と思います。

ツインコメットテスト改造
3biyoku
ツインコメットの尾翼を改造しました。テストのためバルサ剥き出しです。これまでいまひとつヨー方向の落ち着きがなくそれが全体の飛行の落ち着きのなさにつながるような感じでした。双発の場合センターのラダーがいくら大きくてもあまり安定にはつながらず、水平尾翼両端のラダーにしたほうがはるかにスタビ効果があるようです。今日テスト飛行を行いましたが、特殊ではありますが、補助ラダーをつけることによって飛躍的に安定感が増しました。そんな機体の動きは友人もわかるようで「飛ばしやすそうだね」とお褒めの言葉をいただきました。飛行機で一番大事な水平直線飛行がスロットルに関わらずビシッと決まります。また傾いてもそのままの姿勢を保ち変な動きは微塵も感じられません。舵を打ったら打ったままの姿勢を維持します。飛行機の形状を変えたため調整としてはどのようなものが正解かは大変難しいものですが、実際に飛ばした飛行力学にうそはありません。その飛行姿勢や舵の反応も良く、飛行に対しての安心感を感じるためかなり正解に近づいているのではないかと感じています。

原点復帰で試験
sikenki-twc
ツインコメットの飛行特性に関してですが、一度スタントのできる友人に飛ばしてもらいました。でた感想の一言が「あきらかなモーメント不足・・・」どうもテールが落ち着かないような動きをするとの話でした。これはある程度推測できた話であまりテールを長くとるのはジェット機らしくなく全長をやや短く(主翼より100mm)していることがあります。そんな動きをチェックしようと紙飛行機クラスの実験機を使っていろいろ飛ばしてみましたが、全く素直に飛びとばしにくいものは全然感じませんでした。ちょっとダクト推力があるものとは状態が違うようです。もっとも飛ばし込みの時間がまだ短く飛行特性の結論もだせないような状態ですが、ローからフルスロットルの不安定さは左右の推力バランスの一時的アンバランスが考えられます。あまりローから一気にハイにしてはいけないようです。また双発の特性としてラダーにあまり推力が当たっていないようでエレベーターの敏感さとラダーの感じがあまりにも不釣合いのような感じです。エレベーターの一部に垂直安定板をつけて試験飛行をしてみるなどの工夫を考えています。




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。