カッコイイ!飛行機製作日記
aero.que.jpホームページと連携し、日記形式で模型飛行機の製作過程や感じたことを紹介していきます。そのまとめはホームページに 資料として移していきたいと思います。


プロフィール

yhpon

Author:yhpon
FC2ブログへようこそ!



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



FC2カウンター



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


構成部品到着
yonedfset
新作機の部品が入ってきました。この構成でとりあえず設計を開始します。部品の寸法がわからないと胴体の設計は進みません。特にEDFは完成時の重心位置を考慮しながら全体の配置を決めないとダクトが邪魔になりどうにもならない場合は多々あります。今回は胴体内蔵なので特に神経を使っています。またダクトを横切るスパーになりそうなので特に分割主翼の精度をどうやって出すか腕のみせどころです。仮の重心あわせをやってみましたが、この位置構成でほぼ指定位置へ重心は出そうです。落ち着いて春までにゆっくり味わいながら進めましょう。
スポンサーサイト

新作機計画
mubiyokuedf
新作機計画実行に入りました。「必要は発明の母」と言います。九州新幹線開業に合わせ手持ちで持っていけるコンパクトEDFの製作計画に入りました。持って行くといって単にサイズを小さくするものでなく、通常の大きさで分割構造を取れる機体を当初から計画しています。いろいろ考えましたが、コンパクトさから胴体が短い無尾翼が有利です。私の感性として主翼の短い飛行機は作る気がしないので、やっぱり後退翼のカッコいいヨンダーバードが手本になります。写真は模型の模型でちゃんと滑空します。重心位置はほぼ主翼根元の真ん中、錘不要という、すばらしさです。翼長は1m(50+50)の分割構造でいきます。ダクトはFRP製胴の中間に64mmが入ります。入力Wは600Wクラスを考えています。今回は新しい試みとしてベクターを入れます。ベクターを入れることによりヨー軸コントロールを可能にし車輪をコントロールしなくても地上滑走コントロールができるようにしてやろうと目論んでます。もちろん無尾翼なので強烈に上下左右に効くはずです。あまり効きすぎるとコントロール不能になるかもしれません。車輪は前一点と主翼2点の3点とし、地上滑走を楽にさせます。この種の機体は手投げならSAL投げが一番いいこともヨンダーバードでも確認していますが、ベクターがあるなら地上滑走でもこわいものはありません。

ハンドランチグライダー

ある程度飛ばし込んでだいたい静大気中で45秒程度の性能であることがはっきりしました。私の下手投げでは15m程度しか上がりません。まあ肩・腕に負担がほとんどないのが救いでいくらでもポイポイ投げられるのが楽しいようです。サーマルを捕らえるには高度不足のようで高度がおちない旋回させて2分くらいでよく飛んだ気になります。フルスクラッチで初めて本格的に作ったわりには飛びはまあまあで、340gのハイパーDLGよりフィーリングは良好です。自分の体力では340gのものを円投げしようと思っても投げきりれず体が浮くような感覚があります。
このグライダーならきっちり投げれますし、操縦もほぼ思うところに行けます。とりあえず1シーズン遊べるグライダーとして完成したようです。これを基礎として次に発展させましょう。

2.4GHz化
orangerx
遅ればせながら主力機の2.4G化をしました。主力機を2.4G化にすることによりそれぞれ大きなメリットが生まれました。①30クラス電動ヘリ=アンテナの処理が楽になった。胴体を這わすことなくローターにあたる心配もなくなった。無条件に25g軽くなった。②HONDDAJET=アンテナ線の関係で胴体主翼前にしていた受信機を主翼真上に配置可能となった。受信機の25g軽くなるのと同時にサーボケーブルの短縮が図られプラス10gの軽量化ができた。計35gの軽量化。また胴体が太いためアンテナ線が完全内蔵となった。③ツインコメット=同じくケーブルの最適化。30gの軽量化。・・・というふうにいろいろメリットのある2.4G化でした。なによりいろいろな飛行会へ行ってもほとんど2.4Gばかりなのでやっと人なみになったという感じです。




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。