カッコイイ!飛行機製作日記
aero.que.jpホームページと連携し、日記形式で模型飛行機の製作過程や感じたことを紹介していきます。そのまとめはホームページに 資料として移していきたいと思います。


プロフィール

yhpon

Author:yhpon
FC2ブログへようこそ!



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



FC2カウンター



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


尾翼車輪
3tensyarin
3点式車輪の骨格を作っています。私の場合、好んで尾翼兼用車輪を用います。ひとつは主翼裏面に尾翼があるのはヨー軸安定には大変貢献します。それと車輪を兼用することで空気抵抗を減らしながらうまくまとまります。また飛行機にとって胴体着陸はできるだけ避けたいものと思っているので無尾翼であろうと重さがかさもうと車輪は付けます。今回は特に脱着式ということで考えることが多くあります。接合の仕方、ボルト部、重さ、繰り返し精度等、接着のみでは考えられないほど敷居が高くなります。設計時にもっと詰めれば制作も早いのでしょうが、ここらは作りながら考えることが多く、またそれが楽しみでもあります。一応考えがまとまり、骨格部とはりぼて部に明確に分けることとしました。主翼にかなり噛んでいるので合わせは現在の状態を優先して合わせます。また尾翼のトーインも2度くらい予めつけてあります。またGWSの主翼の車輪は細いのでそれほどのグリップはなく、車輪の舵はありませんが、ベクターの推力でいくらでも機体を振れるだろうと皮算用しています。この尻振り推力を使い飛行機で540度ストールターンを行うのが目標です。きっと手裏剣みたいとスピンすると思います。あまりやり過ぎるとそのままブーメランみたいに落ちるとおもいますが(笑)
スポンサーサイト

主翼フルプランク完了
spbawing
スピアバードの主翼フルプランク終了しました。今回は材料の均質さができにそのまま現れています。良い材料にあたると工作はし易いものとなります。翼端は1.5mmバルサを芯にして発泡材を成形してあります。この上にそのまま極薄FRPを翼端だけに被せます。やはりフルプランクの主翼は工作していても気分がいいものです。軽くはありませんが、主翼強度や高速性を考慮するとフルプランクしかありません。あと主翼には尾翼の芯を入れておきました。分割尾翼をここに接続します。今回は持ち運びの利便性を高めるための分割しました。このため、各部分との接続精度が求められる工作となりました。幸いある程度制作の腕が上がったため、自作でこんな工作が可能となりました。これもいままでやったことのない(必要ない)工作でしたが、これでまた自信が持てます。なんでも必要ならやってみることがいい経験を重ねていくことになります。

ジョイントウイングテスト機
j-testki
tom-hinoさんからのデザインで早速スチレンテスト機を作ってみました。結果は予想外によく飛びました。素晴らしい!!複葉機なみの浮きの良さとグライダーのような抵抗の少なさ滑空性能の良さ。初級機のような安定の良さ。失速からの回復の良さなどいずれもいままで経験したことのない優れた特性を持っています。これならEDFにしても素晴らしくよく飛ぶでしょう。ただ曲面翼の操縦舵をどうするかという大きな問題はあります。また翼端だけでロール軸操縦するのはあまりにも勿体ないような気がします。写真の機体の重心位置は前翼の根本にし、後翼にも主翼をの揚力を負担させながら、真ん中近辺は尾翼として働くようにつないでいます。このような細長い翼ではとかく強度が足りないことが多いのですが、尾翼との間でトラス構造をとっているため非常に強度バランスが良く、これならスパーが弱くてもバンザイすることもないでしょう。tomさん、デザイン素晴らしいですよ。今後も研究してみたいと思いました。

ジョイントウイング
joint-wing
FMSローテブリッツのデザイナーのtom-hinoさんから新しいデザインの機体を送っていただきました。斬新なデザインで今回も目を引くものです。飛行的には前部が主翼、後半が尾翼でいいんでしょうか。抵抗が少なそうなローテブリッツの血を引くものです。自分はこの方の機体を見てずいぶん惚れ込んだものです。結果としてローテブリッツ=プテラナードのFRPの成形にはじめて手を出すきっかけとなった記念すべきものです。前面なんかは私が作ったものと良く似ています。
どちらにせよまず、紙飛行機から実験してみたいと思いました。「実験したいの血」が騒ぎますね。
そうそうtomさん、youtubeの私のチャンネルにローテブリッツの飛行の映像を入れておきました。HPのより綺麗に見えると思います。
http://www.youtube.com/watch?v=RSwOIHPqAoY

プランク材
plankzai
1.5mmのプランク材を貼り合わせました。あらかじめバルサを貼りあわせて所要の大きさにしてから主翼をフルプランクします。つなぎ目を入念に合わせをしているのでほとんど隙間はありません。4枚のうち1枚だけわすがに2点の隙間ができただけです。それも瞬間で埋まるようなくらいです。昔は一枚ずつ主翼にプランクして段差がどうのこうの言っていた時代がありますが、それから見ればかなり進化した工作になっています。また材料にも神経を使うようになって工作の腕は格段に上がったような気がします。テーパー翼を木目にそって合わせていますのでほとんど歪みもありません。多分AカットとCカットの中間くらいでしょうが模型屋さんに良い材料をと念押しして注文しだだけいいものが来ました。定寸のバルサが12g~19g(最多は17g)でしたが、最大最小を外して質をあわせました。前回最も軽いバルサを1枚だけ使ったらプランク後に持っただけで割れてしまい、そこだけ継ぐなど修正でえらい目にあったので均質なものを使います。主翼の曲面をあとから修正加工であわせるのは至難の技です。
とりあえず仕事が忙しくなってしまったのでサンデー工作フライヤーにしばらくおとなしくしています。

今年の抱負
今年の抱負は以下のとおりです。

①スピアバード SPEAR BIRD(新作無尾翼機)の製作
②上記機体を持って九州へ行く
③新型パラモーターの開発(2重反転モーター使用)
④EDF橘花の開発

本年中には全部できないかもしれませんが、一応目標として掲げます。
みなさん今年もよろしくお願いします。




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。