カッコイイ!飛行機製作日記
aero.que.jpホームページと連携し、日記形式で模型飛行機の製作過程や感じたことを紹介していきます。そのまとめはホームページに 資料として移していきたいと思います。


プロフィール

yhpon

Author:yhpon
FC2ブログへようこそ!



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



FC2カウンター



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


カーボンティッシュ使用胴体
carbontich
このスピアバードの胴体にある考えが浮かびカーボンティッシュを使用しました。一層目はマイクログラス、2層目はこのカーボンティッシュ、3層目はまたマイクログラスにします。カーボンティッシュは表現は語弊があるかもしれませんが、多孔質な材料のようで厚みがあり液体の保持能力が高いものです。ですのでこれにバギング等で樹脂を脱気して充填するのはあまり向かないような気がします。そこで考え方を逆にして十分空気を保持したまま固められるとしたら体積あたりの比重はかなり軽いものになるかもしれません。すなわちこのカーボンティッシュをサンドイッチ構造で厚みを保持したまま上下をマイクログラスを挟んでやればいいのではないかという考えが浮かびました。マイクログラスだけで必要な強度の厚みを稼ぐのには最低4枚は必要でかなりの作業量になります。カーボンティッシュを間にはさめば、3層で済みます。また厚みを稼ぎながらハニカム構造のような中空構造FRPの完成を目標としています。
スポンサーサイト

FRP段取り
frpmaedan
すでにツルツルになった型をジュラルミンパイプに串刺にして置きます。FRPを貼るのは前段取りが重要です。一旦作業を始めたらノンストップで作業を進めなければいけません。この作業に夜を挟むのはあまり得策でなく朝がよいのです。朝一のひんやした間で作業をして昼間暑くなるような時が理想です。FRPの作業をはじめてからハサミをよく買い換えるようになりました。ガラス繊維などを切っていてはハサミはすぐ切れなくなります。またどうしても樹脂がつくことも多く消耗品になりました。今回は型が短いので取り回しが少しは楽かもしれません。いずれにせよやっとここまできました。連休中までにはFRP貼りを済ませたいと思っています。

2段目パテ
pate2danme
仕上げの2段目パテを塗りました。1段目のバルサパテは割と伸びもよく扱いのですが削りにはやや固く時間がかかります。またどうしても荒の目が残りますのでその上に白の軽量パテを投入します。これによりどれだけ切削すればよいかがわかり原型の保護に役立ちます。ここで一番いけないのは削り過ぎて発泡の目まで出すことです。これまでの経験により工程と量が見えていますので平滑作業もわりとスムーズに進みます。下のパルサパテとのぎりぎりを狙っているのでまだらになっていますが、写真でみるより実物はかなり良い感じに仕上げっています。
やはり最終的には仕上げは「感触と光」になります。感触というのは手で触り凹凸を見つけることです。手の感触はかなりアテになります。微妙な凹凸をすべて拾います。また自然光でモノの形状の出来具合を的確に判断していきます。これまでは軽量パテの削り過ぎで粉を清掃してみたあとに傷だらけでがっかりすることもありましたが、もう工程が後戻りするようなそんなこともなく、かなり理路整然と作業が進んでいます。

Spear bird パテ塗
patenuri2
スピアーバードの一次パテ塗完了しました。FRP成形も回を重ねるごとに精度が上がっていきます。今回は熱線カットで自由自在に切りまくったため、これまで比べて成形精度が高く、その分パテ塗も最小限で済みます。これまでは原型が怪しくなるほど塗りたくっていましたが、表面処理のためだけで済むようになりました。ここからの研磨も発泡が見えないよう削りすぎないようにしなければいけません。均一にパテが塗られているのが出来のよい証拠です。これが出来たら水性ウレタン塗装→PPテープ→ワックス→FRPとなります。やっと花見のできるほど気温も上がり夜間もあまり冷え込まないようになりましたのでFRP成形もやりやすくなることでしょう。

EP-16修理完了
ep16syuri
EP-16修理完了しました。また購入当時のボディも復活し、2006年の姿に戻っています。GWSデジタルサーボを投入したましたが、ややジッタが気になりますが0.06の超高速サーボで動きはダイレクトで操縦感は向上しました。操縦感を例えると「ヘリと送信機の距離が近くなった」ような感じです。今回はシュワッシュからのリンケージロッドを垂直に下ろすため、サーボ自体のケースを削るなどかなり無理してサーボを取り付けました。また胴体内にリポを入れるため、フレームシャーシを一部2枚にするなど2度できないような改造を行っています。ですのでこれでこのヘリで壊れたら終わりにしようと思います。いろんな意味でやや古さは否めません。でも日本製ヘリとして重要な位置にいたヘリということで間違いはないと思います。

パラ禁断のライン調整
sakasapara
2重反転モーターユニットを逆さに釣ってライン調整をしています。良い子はマネをしてはいけません。パラグライダーには通常ライザーというラインをまとめたものがありますが、今回はライン調整のためすべて取り外しました。この〇〇製パラはむすびがまともでなく、ラインを瞬間でくっつけているものでした。通常ラインは「もやいむすび」や「本むすび」を使いますが縛り方がいいかげんで全く用をなしていません。ライン調整は逆さにして飛行状態を再現して行います。すでにアクセレーター装備の時点で独自のライン構成になっています。私は立ち上げテストをすれば飛行するものかどうかはだいたい判断できるのでこのような調整ができます。これまではとても飛ぶ状態にまで仕上げられませんでした。今回ラインの調整数は18本で非常にめんどくさい作業です。最適のアタックアングルを勘案してそこからの垂みをすべて取りました。またやや翼のアールを強め尾翼効果を強めました。パラグライダーの場合主翼の湾曲が直進安定性に強く寄与します。オリジナル翼ではどうも尾翼効果が足らないような気がします。パラグライダーと言っても基本的には無尾翼ですから主翼が上に向く力が必要です。あまりその力が多すぎると失速して主翼が後ろに落ちます。そんな状態を立ち上げですべて見抜かなければいけません。
模型パラには主翼が小さく静安定があまりありませんからよけい特性を見抜くのを難しく感じます。




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。