カッコイイ!飛行機製作日記
aero.que.jpホームページと連携し、日記形式で模型飛行機の製作過程や感じたことを紹介していきます。そのまとめはホームページに 資料として移していきたいと思います。


プロフィール

yhpon

Author:yhpon
FC2ブログへようこそ!



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



FC2カウンター



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


橘花製作プロジェクト始動
kikka_zumen
EDF橘花製作プロジェクト開始しました。WCNさんのところで初めてこの飛行機の存在を知って以来、しばらく構想を練っていましたが、ついに製作を開始しました。というのもこの季節の雨でスピアバードの塗装がままならず、なにもできません。そんなわけで雨でも設計ならいくらでも可能(笑)です。おおよそのスペックまで決定しました。実績のあるEDF70mm×2・・・ツインコメットで使用/翼長1460mm/30dm2/全長1320mm/車輪前50mm後80mm/翼型S8055・・12%-hondajetで使用/胴体複合FRP・・・カーボンティッシュマイクログラス複合/主翼中央バルサフルプランク/翼端1/3・・発泡芯バルサフルプランク/ジェットナセルカバーFRPフル成型/全備予想重量2.2kg/ 推力2.1kg
こんなところです。かなりテーパーの強い翼であり、こんな感じの翼がまとも飛んだものをいまだかつて見たことはありません。そんなわけで多少は翼のデフォルメは必要でしょう。それでも翼中央と翼端の比率は3:1くらいになりそうです。日本で初めて開発した国産ジェットであり、HONDAJETと同じようにかならず完成して実機がかなわなかった夢を引き継ぎ、日本の空を自由に飛ばしてあげたいと思います。
スポンサーサイト

スピアバードもう少しで完成
doutocanopi
梅雨の合間の晴れ間を狙っての塗装を行っています。幸いお日さまが長いこともあり、帰宅してから塗装をちょっとおこなってもなんとかツヤを確保できています。しかしまたすぐ雨になります。こんな悪い天気ではかなり乾燥時間が伸びるでしょう。手をつけらない時間も増えるでしょう。でも少しずつ形が確かなものになっていきます。やはりこんなものを眺める時間が製作者にとって至福の時間なのです。すこしずつカッコよくなっていきます。あとは色付けをしたいと思います。カラーリングは当然「鳥」をイメージしたものになると思います。つばさから胴に向かっての一体感を演出していきたいと思っています。とにかくこの工程に入ると作っては、仮組しては眺めること自体が楽しくてしかたありません。

FRP胴下塗り工程
dousitanuri
スピアバードの下地を仕上げたあと下塗り工程までいきました。今回はこれまででもかなり満足する出来栄えとなっています。やはり下地のならしの成功が大きいと思います。軽量パテの食いつきもよく均一なキズのない面を形成しています。カーボンの黒を消すため強いねずみ色を塗っています。パテとカーボンの白黒まだらではとても人に見せられる状態ではありませんでしたが、ようやく均一な状態まできました。今回のカーボンティッシュとマイクログラス混合胴は一定の成果を得ました。カーボンテッシュの厚みを逆利用してパテの切削目安とすることで均一な胴体ができることがわかりました。毎回安定しなかったパテ切削に一定の成果がでたことで、自分的には今後の工作に対する基準ができたように感じます。

パイロット塗装
pilotningyo
注文していたパイロットが届いたのでちょっと塗装で手をいれます。ノーマルではあまりに手抜きで悲しいのでプラカラーで塗装します。ヘルメットをツートンにしてグラスの銀を入れるとぐっと人形が締まります。あと服がテカテカではおかしいのでツヤ消しのグリーンにします。エアホースもいらない部分を黒で落とし、それなりに見えるようにします。2個入りの安いパイロット人形ですが、キャノピーと大きさがぴったりです。ちょっと手を入れるだけでかなり見栄えがするものとなりました。




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。