カッコイイ!飛行機製作日記
aero.que.jpホームページと連携し、日記形式で模型飛行機の製作過程や感じたことを紹介していきます。そのまとめはホームページに 資料として移していきたいと思います。


プロフィール

yhpon

Author:yhpon
FC2ブログへようこそ!



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



FC2カウンター



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


橘花エンジン部分
jetbu
橘花のジェットエンジン部分を製作しています。自作の基本として全体を仕上げていくということがあります。飛行機には製作上、関連する部分が多くここが決まらないと先にいけない部分がどうしても出てきます。例えばプランクの前に中にケーブルを通さなければいけないとか、引き込み脚を決めてからとか。いろいろあります。その順番を落とさないようにしないとあとから大変困る事態が発生します。特に今回は翼内に電源ケーブルがかなり入るため気を使います。翼端サーボのケーブルも忘れないようにしなければなりません。またフラップもある程度動作を決めておかなければなりません。主翼上プランクはすべてが整ってからになります。
これから翼端をつなぐこととエンジン部分の工作をしていくことになります。また今回も発泡材の加工で熱線カットを使い荒加工をスパスパ行うことで精度の向上とゴミの量の削減が可能になりました。
スポンサーサイト

主翼熱線カット
nessencut
橘花のダクトから先の主翼を熱線カットしています。橘花の主翼はジェット部分から先が上面で0度くらいになっており、逆Wの字になっています。あとから上半角を減らしたのが原因らしいのですが、どうせスパーを曲げるのならこの部分を発泡材にしてもいいのではないかとの設計方針です。幸い主翼中部と違って入るものはサーボくらい。ケーブルは中は通らなくてもいいですし、バルサプランクのみでも壊れるような翼端部に力がかかるとも思えません。そんなわけで主翼1/3をあえて発泡バルサプランク、主翼中部は通常のスパー工法としています。発泡材をカットするのに最適な条件を探るのに2個程度失敗しましたが、3個目からはちゃんと満足するものができました。この調子で行きましょう。これを始める前はやや自信がありませんでしたが、なせばなるものです。

橘花引き込み脚
kikka-asi
橘花の引き込み脚の調整をしています。今回は電動脚を組み込んでいます。この中華製の電動脚は安価なのはいいのですが、引きと止まりのロックがあまりよろしくなく遊びがかなりあります。そのため取り付けにかなり調整が必要となりました。こんなガタガタでは使うのさえ躊躇します。双方の遊びを少なくするよう調整してからの組み込みとなるでしょう。いちどは購入した安物HKタイヤをテトラ製に置き換えたり、そのストロークでのタイヤや脚シャフトの台座のあたり具合の調整にかなり時間を費やしています。

橘花胴体中仕上
kikkadou02
橘花の胴体の中仕上に入っています。ゲージをあてながら80番の荒いペーパーで中仕上をします。ほぼ見た感じは近いものになっています。やや削りすぎのところもあり欠陥もありますが、あとから凹みはパテで修正するので気にしないことにします。それより全体の面出しと左右の寸法差がでないように気をつけなければなりません。中心からの距離は合わせ面を見ていけば正確に出せます。センターが合わせ面として出ているのでねじれはないと見ていいでしょう。ややホコリが気になりますが、プラモデルを眺めながら胴体を仕上げていく楽しい蜜月を過ごしています。

橘花胴体荒加工
kikkadou01
橘花の胴体の発泡材荒加工です。あらかじめ熱線カットで面を出して台形になったものをカッターで荒加工しています。黒刃の大カッターをカンナのようにシャカシャカ動かして削っていきます。橘花の胴体曲面は基本がおむすびと思えばわりと単純です。面を出している関係で丸みをつけいけば荒加工が出来ます。5mm大きくしたゲージを断面に当てて正確さを出しています。これで3-5mmくらい全体が大きくできていると思います。今回は1,300mmあるかなり大きい胴体ですので最終的な仕上げまでは手間はかなりかかるでしょう。でもこの曲面を作っていく過程が楽しいのです。いくら手間がかかってもやめられません。それほど夢中になれます。

スピアーバード改造
spear2
スピアーバード改造が完了しました。無尾翼の以前よりデザイン的なバランスは良くなりました。綺麗な流線形をしています。私の考える好きな機体に仕上がりました。無尾翼と比べて特に無理な設計ではないので確実に飛ぶでしょう。双ラダーはついていませんが、ベクターでコントロールできます。すなわちベクターは左右は常時可動ジャイロ付き、ベクター上下は飛行モードにより切り替えとしています。ベクターの効きが尾翼付きでどの程度かはわかりませんが、尾翼の前にあることもありかなり落ち着いたものなるのではないかと思っています。ひょっとしたらジャイロなどいらない可能性もあると思います。九州甲佐では飛ばなかった機体ですが、尾翼付きに生まれ変わり、きっと今回は飛行できるのではないかと皮算用しています。




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。