カッコイイ!飛行機製作日記
aero.que.jpホームページと連携し、日記形式で模型飛行機の製作過程や感じたことを紹介していきます。そのまとめはホームページに 資料として移していきたいと思います。


プロフィール

yhpon

Author:yhpon
FC2ブログへようこそ!



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



FC2カウンター



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スピアーバード試験飛行
sp-hikou
スピアーバードのテスト飛行を行いました。結果は離陸直後またモーター不調によりすぐ不時着でした。どうもすでにモーターの使用限界なっているようでベアリングが逝っています。新品の時からあまり芯のでないモーターでした。新品のモーター単独でも芯がでていないのを確認しています。そんなわけでフルハイがあまり続かなく息つきして終わってしまいました。まとも飛ぶ期間はまったく少ない時間でした。まだなにもベクターがいかしれない間に終わってしまいなんとも悔しいかぎりです。ユニットごと取替えが必要な気がします。
スポンサーサイト

橘花―電動脚修正
kikka-kyakusyusei
前回の滑走実験の結果に基づき橘花の修正を行なっています。やっぱり脚の回転方向の押さえが弱過ぎでした。中華製の電動脚はイモネジの押さえが弱く3mmピアノ脚に面をとってもズルズル周ります。しかたないので一旦はずし、端面に火を入れて軟化させ、そのあとハンマーで思いっきりたたいて断面を長円にします。ノギスで計りながら、およそ3.2-3.3mmくらい仕上げます。そのあと端面を丁寧にヤスリがけしハンマーバリを取ります。そのあとプラスチック脚に入る様子を伺いながら押しこみます。これである程度回転方向は強くなりました。いずれにしても強い衝撃が加わるとここが割れることになるようですので適当な強さでイモネジを固定しておきます。なんとかこれで走行中にねじれることはないでしょう。ピアノ線結合部はアルミ部品としてほしいものです。

橘花地上滑走テスト

橘花の地上滑走テストをしてみました。やはり電動リトラクト軸のイモネジ固定が甘く回ったりしました。急遽瞬着で固定したりしましたがこれでは本番でもやや怪しいかぎりです。またEDFスピンナーに置いている間に自然にヒビが入りフル回転できませんでした。なんとも中華品質に呆れます。なんでも実際にやってみることは重要です。この形式の3輪ではほとんど前輪に荷重は掛かっていません。こんなつまらないと思われるテストでも不具合とおもわれる重要なことが数多くわかるのです。




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。