カッコイイ!飛行機製作日記
aero.que.jpホームページと連携し、日記形式で模型飛行機の製作過程や感じたことを紹介していきます。そのまとめはホームページに 資料として移していきたいと思います。


プロフィール

yhpon

Author:yhpon
FC2ブログへようこそ!



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



FC2カウンター



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


橘花フライトレポート
2nd_fly-kikka
「今度こそは成功させる」だめだったら仕方ない。バラバラになった事態のことも頭をかすめながら、初飛行に望みました。離陸当初から頭上げの事態はある程度想定していたので出だしからエレベーターダウンはすぐ打てました。思ったよりもパワーはあり、パワーベクトルが上向きになっているとはいえ、EDFとしての上昇率はかなりなものです。これは適切な翼型設計(翼端は厚めに中央部は翼弦のわりに薄くとした)と高揚力低抵抗の設計思想が成功したものと考えます。特に迎角に対しての失速特性はかなり秀逸で殆どスピードが落ちても翼端失速の傾向は見られず、そのままの姿勢を保っています。トリム合わせの最中にかなり頭上げの状態と速度の落ちがありましたが、全然失速頭下げにはなりませんでした。これはファウラーフラップの効果によるものと思われます。発進してすぐは頭上げのコントロールにあたふたしましたが、高度がとれ、スロットルを絞ってからトリムをとりました。トリムをとってからの周回飛行は全く不安はありませんでした。大きなクセもなく自然と機体を信頼できるようになるものです。「これは中スロー1/3で十分水平飛行ができるな」そんなことが頭をよぎりました。旋回も素直なものでかなりバンクをとっても大丈夫な感じでした。エルロン/エレベータの舵の効きも適切で練習機なみの安易さまで感じました。最終アプローチは失速を恐れてかなり突っ込ましながらの着陸でかなり速い着陸スピードでしたが、軽い機体でなおかつスピードが伸びて落ちないのはグライダーと同じで機体抵抗が少ないことを表しています。脚を出していてもあのスピードで伸びてくるので、脚なしならかなりなものです。まあもともとS系の翼型ってグライダーなんで当たり前ですかね。とにかく成功まで長い時間を要した橘花の完成です。これは私の飛行機技術の集大成かもしれません。
スポンサーサイト

橘花セカンドトライ初飛行成功!
second-fly.jpg
橘花2nd飛行成功!動画youtube

とうとうこの日がやってきました。橘花の飛行に成功しました。結論から言うとなかなか軽く、操縦性もよく飛ばしやすい良い機体です。
初飛行はいつもの飛行場で家人にビデオを取ってもらったため、やや飛行機を追うのが下手ですが(笑)まあなんとかわかる程度でも、あるのとないのでは全然違うので、仕方ありません。やや頭上げのクセがまだありましたが、操縦困難になる程度ではなく、トリムを動作量の半分使って安定しました。安定してからスロットルを落としても、すぐにダウンには入らなかったので、やや主翼の迎え角も過大だったかもしれません。良く浮く機体で、抵抗も少なく速度が落ちてかなり頭上げしても失速に入りにくく、舵もおっとりして過激な挙動もなく大変いい操縦感触でした。これならどこに遠征に行っても安心できる機体です。素晴らしい!
パワー/全備重量の比が60%強の機体とは思えません。EDFのダクトの口径基準にして機体設計をしたのでやや大きさの割合にパワーは小さいのですが、滑走してすぐ浮きそのままどんどん上昇してしまいました。今度は脚を納めて、フラップを使う操作が飛行目的となるでしょう。

空気の流れの可視化
nagare.jpg
写真ではよくわかりませんが、実際に見るとテストの目的は達成されました。ダクトの空気の流れをみることで左右のスラストの揃いと角度をチェックしました。左右ともに揃い、共鳴音とともに吹き出し角度も思った通り、上側に(ダウン側?)へ振れていてよろしいようです。見えない空気の流れを見えるようにすることは、たとえ方法がチャチであっても見える見えないでは全然違います。今回の修正にたいするある程度の確信と納得ができたのは大きな自信になります。

修理完了
syurigo-kikka.jpg
橘花修理終わりました。こうやって写真にするとかなりよく見えます。本当は小傷はいっぱいありますが、このくらいでは殆ど見えません。迫力ある橘花のダクトはかなり異色なものに見えます。これまでほとんど模型としてみたことがないのでなおさらです。プラモデル用のカラースプレーを修理用も含めて1万円くらい投入していますが、やはり純正カラーはこれ以上のものはないようです。見ていて安心できる色合いですね。
今回はダクト推力線を5度マイナスにしました。ダウンスラストとしては一度に調整できるのはこのくらいだと思います。左右でどのくらい精度が出ているか疑問ですが、計測のしようもなく、カンに頼るのみです。飛ぶところを早く観てみたいものです。やっぱりカッコイイ機体ですね。惚れボレします。

もう少し修理
syuri-duct
やっと記事が書ける状態です。初飛行で転倒した側のダクトの修理がもう少しあります。ヒビが2箇所ありますので、裏からマイクログラスを貼ったあと、表側はエポキシとバルーンを使い、肉盛りしています。よく乾いたら研磨して塗装、修理は終わりです。ダクトの推力方向に関しては今回は絞りの角度を10度程度上向きに傾けてみようと思います。推力線自体を傾けるのは土とダクトが近くなって砂を吸い込みやすくなり問題があると判断しました。連休中に再飛行ができるといいなあと思っています。




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。