カッコイイ!飛行機製作日記
aero.que.jpホームページと連携し、日記形式で模型飛行機の製作過程や感じたことを紹介していきます。そのまとめはホームページに 資料として移していきたいと思います。


プロフィール

yhpon

Author:yhpon
FC2ブログへようこそ!



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



FC2カウンター



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


強電部完成
power-bu.jpg
プラシレスアンプに連結するパワーコンタクト部が完成しました。ケースは手持ちのCDケースがちょうどよい大きさです。100Aの電流が流れる可能性かある端子を裸で置いとくわけにはいかず、すべてケースに収めました。配線はラジコン用ターニーの8AWG、断面積があるわりにはしなやかなケーブルで、低抵抗なのは確認済みです。これがちょうど座席の下にはいります。この部品を取り付けるため、座席シートの下の構造部品(PPプラ)をカットしたりしましたが、バイク外観上は全くわからないのでOKとします。とにかくうまくいくことを祈って、パワー電子回路の基礎技術の習得に精進しています。
スポンサーサイト

補機がいる
hoki.jpg
電子工作を始めるにあたり、いろんな補機がいることがわかりました。コンタクタ、ヒューズボックス、テスト用電源24V,大容量コンデンサ、ダイオード、抵抗、ワイヤ、コネクタ・・・・。特に参ったのがテスト用電源で安価に買えるもので24Vであまり大きい出力のものがありません。150wクラスですが、これではやや小さい出力なのですが、最初の通電のためのテスト用なのでこちらは壊してもいい安物を使っています。コンデンサの極性や、基本的な動作を実験しながら、ユニットごとに動作チェックしていきます。これもなんだか電子工作少年の実験のようです。今のところ、半田ごてをもちながら、夜な夜な回路図を眺めては「あーでもないこーでもない、ああそうか。」と楽しい蜜月をすごしております。

趣味の追加
トラ技
18セル120Aブラシレスアンプです。電動バイク用なのですが、これを勉強しています。教科書はトラ技、英語のマニュアルを翻訳サイトで日本語変換、技術系はだいたい解ればOKなので大丈夫です。
初めてみるトラ技は、昔ラジコン技術を初めて手にとったような心をわくわくさせるものがあります。またアンプや計測機の広告まで興味深くラジコン技術を昔、見た時もこうだったなと想い出させるものがあります。わからないものを勉強するのは大変面白くしばらくこれにハマって見るのも悪くなさそうです。このアンプもUSBでPCにつないで設定するので、やり方自体はラジコンのものとあまり変わりはありません。とにかくがんばってみます。

EDFユニット製作
edf2unit.jpg
3週間かかってやっと「もけいのおおさま」から品物が来ました。やはり例の騒動に引っかかったようです。彼の国のことは、あまりあてにできませんね。突然体制が変わる・・・。そんなわけで修理も時間がかかるのですが、EDFの外形を作るのに重宝するのが両面テープとEPPでして外径の大きさを82mmにするのにEPP+両面テープで外径がぴったりになります。骨はカバベニア1mmですが、ベニア自体に接着は薄すぎてむずかしく考えた末EPP材で巻くのが接着面積を広くするのに有効です。0.2mmのプラバンは本当に薄く、重く強度はないのですが、均質材なので工作自体は楽に進みます。




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。