カッコイイ!飛行機製作日記
aero.que.jpホームページと連携し、日記形式で模型飛行機の製作過程や感じたことを紹介していきます。そのまとめはホームページに 資料として移していきたいと思います。


プロフィール

yhpon

Author:yhpon
FC2ブログへようこそ!



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



FC2カウンター



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


主翼性能テスト動画
海岸でバギング主翼の性能を確認してきました。結果はなかなか良好でした。おっとりした動きでまるで大型機のような感覚を覚えます。操縦感覚としては2mクラスモーターグライダー「ナツメグ」のような操縦感覚です。抗力の低さからスピードの乗りが良く、旋回の動きも悪くありません。ややピッチングが気になりましたが、もう少しエレベータートリムや重心を煮詰めれば大丈夫でしょう。専用設計でないラダー機ですがわづかなラダー操作で十分なコントロールが可能でした。滑空比が良すぎて海岸では着陸が大変なのでモーターではスポイラーの装備が必要かもしれません。
スポンサーサイト

やっぱり2段上半角
2段上半角
ラダー機の予定なので2段上半角にしました。ラダー機で1段上半角ではどうして大きな上半角となり、また旋回のフィーリングも2段とはくらべようもないくらい悪くなります。しっとりと張り付いたようにねばる2段上半角の旋回の感覚は長い模型経験の中でしみついた良い感覚です。エルロン機にできない以上このような選択は私にとって必然な選択です。また自作の利点でどのようにでもなるので、主翼を共通にしてHLGとモーターグライダーの2wayもできるように胴体を2つ作ることも考えています。まあ最初にペグなしHLGにして様子を見て、だめならモグラということですかね。かなり前が軽いため、20gも板おもりを巻ましたが、新制作の胴体では後ろ半分の軽量化に注意して製作したいと思います。

材料は高い、完成品は安い
hlg-kai.jpg
さて、仲間からゆずり受けたHLG主翼の改造ですが、artHobbyのハイブリッドDLGの胴体につけてみることにしました。ベニアのスペーサーを介してネジ位置を変更し、取り付けることにしました。これで重心位置や取り付け角を検証できます。
久しぶりの作業なので材料をみたらいろいろ足らないものがあることがわかりました。まずエポキシの5052がほとんど残っていません。これも5-6年前に買ったものと比べて消費税以上に上がっているようです。カーボンはご存知のように航空材料として引っ張りだこで高騰。安いのは「模型の王様」のとこの完成機だけかもしれません。自分で作るのが良くてやっているので引き下がれません。まあ飛行機の試験飛行ほどあれこれ考えながら行える楽しいものはなのではないかと思っています。またここが感動もあり、涙もある(笑)模型のエッセンスかもしれません。




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。