カッコイイ!飛行機製作日記
aero.que.jpホームページと連携し、日記形式で模型飛行機の製作過程や感じたことを紹介していきます。そのまとめはホームページに 資料として移していきたいと思います。


プロフィール

yhpon

Author:yhpon
FC2ブログへようこそ!



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



FC2カウンター



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


骨ヘリ

R/Cで空飛ぶものの中のうち、いちばん形に味(色気)がないのが骨ヘリだと思います。昔から魚の骨と頭のようだなあと思っていました。実機とくらべても飛行機のほうがもっと色気があります。そんなわけで私はこれまでも強力にボディー付きの製作をすすめてきました。
それとは別にもっと深刻なのは少し目が悪くなり姿勢が見にくくなっているのに気がついたことです。そんな意味でもボディーは救世主です。ラジコンヘリで一番大事な姿勢確認を容易にしてくれます。飛行機のように水平・垂直尾翼があるものはかなり遠くへ行っても長い間に見慣れた形は判断がつきやすく見失ったり迷うことはまずありません。
グラマラスなボディーは実際のクラスより1クラス大きく見え、前傾姿勢で迫る姿はしびれるほどカッコイイものです。

スポンサーサイト


この記事に対するコメント

今晩は。nakataと申します。ブログ拝見しました。スケールボディの件、全く同感であります。
骨ヘリの優位点は運用面以外ではあまり無いです。ボディ付きが圧倒的に存在感ありますね!!!

【2007/09/11 00:17】 URL | スーパーラジコン動画空館 #EB29KFfw [ 編集]


nakataさん、こんちわ。同じように思う人がいてうれしいです。市販機にもテール以外のところをフルカバーする機体がもっと出てもいいと思います。でもヘリの創生期はみんなスケールボディーでミッションタイプだったんですよね。

【2007/09/13 06:41】 URL | pon #- [ 編集]



この記事に対するコメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。