カッコイイ!飛行機製作日記
aero.que.jpホームページと連携し、日記形式で模型飛行機の製作過程や感じたことを紹介していきます。そのまとめはホームページに 資料として移していきたいと思います。


プロフィール

yhpon

Author:yhpon
FC2ブログへようこそ!



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



FC2カウンター



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


上面フルプランク
purankugo
上面プランク終了しました。ご存知のようにバルサは天然材ですので、板は必ずしも1枚の中で均一でなく、左右でかなり片さは違います。市販のバルサはたいてい中心に向かって取っているようで一方の端は固い部分が多いようです。これがプランクには最大の障害となり、一枚の板を左右で同様な形状にはとれませんでした。硬さの違いは極端な曲げの違いになるため、同じような硬さの板を合わせていかないと前縁部分から中央部分はうまく覆えません。硬さと重さのそろう何倍も材料を買う余裕があればこうゆうことはしなくてもいいのでしょうが、そうもできないので硬さをあわせながら材料を取っていきました。この上面フルプランクは、あらかじめ板どおしをあわせておいてからカバーしています。よく一枚づつプランクする工作法もありますが、板どうしのあわせが困難になるとおもいます。このやりかたでしたら、板と板の合わせはぴったりいきます。
さて、正確にできた翼型はかなり性能がアップします。その意味で以前と比べて模型にもフルプランクをすることが多くなりました。特に高速で飛ぶ機体ほど正確な翼型は飛びの差が現れるような気がします。ハーフプランクではリブキャップという工作上も、フィルムの張りからもまともな翼型はできません。これまで模型の性能を落としてきたのはハーフプランクによるものではないでしょうか。
スポンサーサイト


この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。