カッコイイ!飛行機製作日記
aero.que.jpホームページと連携し、日記形式で模型飛行機の製作過程や感じたことを紹介していきます。そのまとめはホームページに 資料として移していきたいと思います。


プロフィール

yhpon

Author:yhpon
FC2ブログへようこそ!



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



FC2カウンター



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


フィルム貼り
ウィング下
フィルム貼り終わりました。ナセル部分はH社のものを初めて使用してみましたが、可使用温度域が狭く使いにくいものでした。ただひとつの利点としてはフィルムがハサミで切りやすいことでこれ以外はメリットは感じませんでした。やっぱりオラカバは慣れていることもあって使いやすいです。特に温度域が広く、各温度域に応じた張りぐあいのよさはホントにここちよいものです。使いやすいことは工作精度が上がって仕上がりの良さにつながります。
さて、ホンダジェットの完成具合はあまり工作時間が取れないこともあって大変遅くなっています。でもまあ時間が掛かるということはそれだけ夢を持っていられるので至福の時間が長いのです。
この飛行機は模型としての空力バランス的にみても主翼が小さいこと以外は特に欠点らしいものはなく、むしろ構造上の利点のほうが勝っています。特にFRPモノコック胴体にすると胴体には重量物としてのバッテリーが搭載されるだけで車輪を除けば胴体内には何も搭載しないことになります。(エレベータ・ラダーは尾翼内に搭載予定です。)そんなとこが見えているので主翼がほぼ完成した段階で重量計算はほぼ正確に予測できます。主翼600g(ダクト付)、胴体400g、リポ300gと予測しています。これで飛行機としてのフルスペック(4CH+フラップ+引き込み脚)を装備できます。ダクト径や重量からみてまともな強度でフルスペックを実現できる最小に近いサイズがこのクラスになると思います。
スポンサーサイト


この記事に対するコメント

ponさん、こんばんは!
ご無沙汰しております。
今日は、自宅で長旅の疲れを取っていました(^^)

ホンダジェットの進捗は順調ですね。
独特の形状であるエンジンナセルや胴体の作りこみはさすがであります(^^)>
じっくりと時間をかけて、いいものが出来上がってますね♪
ロールアウトを楽しみにしています(^^)/

【2008/05/12 21:51】 URL | TOKU #0YcJaO/Q [ 編集]


TOKUさん、お褒めのことばありがとうございます。昨日はTOKUさんがいない間をねらった?掲示板荒らしがあったようです。それで、おもわずカキコをしてしまったしだいです。あしからずご理解ください。
さて長旅おつかれさまでした。TOKUさんが三重に行くくらいなら、私はいけるはずですがなかなか・・・^^;いつかは九州へも行ってみたいものです。

【2008/05/12 22:16】 URL | pon #- [ 編集]



この記事に対するコメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。