カッコイイ!飛行機製作日記
aero.que.jpホームページと連携し、日記形式で模型飛行機の製作過程や感じたことを紹介していきます。そのまとめはホームページに 資料として移していきたいと思います。


プロフィール

yhpon

Author:yhpon
FC2ブログへようこそ!



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



FC2カウンター



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


ホンダジェット飛行結果から
hondajethikou
ホンダジェットの初飛行の結果はさんざんでしたが、運良く小破だったことにより、次の飛行機会が与えられました。神様に感謝です。だいたい初飛行で一発お釈迦というパターンもラジコンには多くここを乗り切ればうんと成功率もあがります。一回でも飛行すれば問題点が明確になるからです。でも今回はまざまざと飛行機の難しさを思い知らされました。ダクトが主翼にあり、エルロンサーボおよび引き込み脚をつけたことにより主翼だけで800gもあります。このロール軸を受け持つ小さいエルロンの舵角は相当大きくしないとと思っていましたが、実際はとんでもなく舵が効きコントロールができませんでした。悪いことに舵のフィーリングがほんの少し遅れてガバッと効く感じでなんともいいようのないものでした。これは主翼の重さと翼端の薄い翼型からくるもので、エルロンの舵角は大きくしてはいけないようです。またそのロールする力も初期が弱いので打ち足すとあとからカバっと効きます。とにかく小さい舵角のとき効くように改造しなければいけません。フラップ面積を減らしエルロン面積を増やそうと思います。そういえばEPPホンダジェットの試験飛行のときもロール軸の重さみたいなものを感じましたので同じような感じです。そうそう、胴体は太く1600gもあるような重量を軽々とDF2双発は引っ張っていったのが印象的でした。
スポンサーサイト


この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。