カッコイイ!飛行機製作日記
aero.que.jpホームページと連携し、日記形式で模型飛行機の製作過程や感じたことを紹介していきます。そのまとめはホームページに 資料として移していきたいと思います。


プロフィール

yhpon

Author:yhpon
FC2ブログへようこそ!



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



FC2カウンター



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


ホワイトウイングス試作機2
2ndp
ホワイトウイングス試作2機目に入りました。今度はA4サイズをA3サイズ(1.42倍)に拡大して
作成しました。メカを7gとして機体は11g、合わせて18gです。翼面積は1.8d㎡あるのでちょうど10g/d㎡です。バルサ胴をくりぬきメカに相当する鉛を取り付けました。取り付け位置を確かめないと重心位置がわかりません。また重心の移動をメカですることはこのクラスは不可能なので最初からつめていかないといけません。ただ適切な重心位置が全く不明なのです。私の実験では翼長が20センチから30センチに大きくなるだけで適切な重心位置は前へ移動するのではないかという結論になっています。というのは20センチクラスはかなり重心位置がうしろ(翼弦の70~100)で全く大丈夫なのですが、30センチのはそれでは全く滑空の伸びが悪いのです。重心を50%くらいにしてようやく20センチクラスの伸びを再現できました。翼幅が50センチになれば多分33%くらいになるのではないでしょうか。この重心位置でバンジーができるか、これからカタパルトで飛ばす試験もしてみようと思います。
スポンサーサイト


この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。