カッコイイ!飛行機製作日記
aero.que.jpホームページと連携し、日記形式で模型飛行機の製作過程や感じたことを紹介していきます。そのまとめはホームページに 資料として移していきたいと思います。


プロフィール

yhpon

Author:yhpon
FC2ブログへようこそ!



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



FC2カウンター



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


バルサ胴とスチレンの合体
bpf
ピラタスのバルサ胴にスチレンのコアを合体させました。合わせ技術の向上により比較的簡単に合体できました。今回、工作の新機軸としてバルサとFRPの融合をテーマとしました。従来のバルサブロックや甲板張りの欠点を補い、なお軽量にかつ優雅な曲面に仕上げることが可能になりました。この工法ではスチレンブロックは予め肉抜きをして重ねており余分な重量はほとんどありません。このため、FRPを貼っても中を取り出す必要はありません。このままバルサを合体して仕上げるつもりです。ただ、ノーズギアがこのままでは入れ込みができないので、1プライ貼ったあと、ノーズ先端を一度切り取り、脚部を挿入したのち、もう一度貼り付けます。このあと1プライを重ねます。あとはFRPの部分のみ塗装します。(バルサ部分はフィルム仕上げ)企画段階から本当にうまくできるかちょっと心配していましたが、「あんずるより生むが易し」でやってみればまずまず成功です。スチレンの立体成型は腕一本で仕上げるようなものですが、左右の形状の差は0.5以内の誤差に仕上げる自信があります。この技術の成功により、私の製作ポリシーである「材料は適材適所」が実現されます。今回はバルサ・カーボン・スチレン・FRPのハイブリッド化がさらに進んだ工作となりました。
スポンサーサイト


この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。