カッコイイ!飛行機製作日記
aero.que.jpホームページと連携し、日記形式で模型飛行機の製作過程や感じたことを紹介していきます。そのまとめはホームページに 資料として移していきたいと思います。


プロフィール

yhpon

Author:yhpon
FC2ブログへようこそ!



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



FC2カウンター



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


コスモ+enjet56
cosmotor
 モーターの軽量化です。エンルート純正のモーターはどんどん重くなっていきます。以前は40gクラスからありましたが、68gのものとなり、現在は88gとなっています。ホンダジェット製作にあたり、軽量化を考慮するとエンルート純正モーターよりコスモのDF5100の50gがとても魅力的に思えます。アウターローターで冷却がよく、エンルートより18g軽量(双発では36g)です。
 このコスモのモーターをenjet56に取り付けるアイディアが浮かびました。購入するまではモーターマウント部の改造が必要かなと思っていましたが、なんと純正がそのまま無改造で取り付けられます。気になるのはモーター軸の切りかきとプロペラの取り付けイモねじの位置があわないことくらいです。やすりのちょっとの加工で完璧になりそうです。
 よく機体の軽量化が大切といいますが、EDFは特に重量・重心にシビアではないかと感じています。機体が重いからといってモーターとリポを重くするようなやり方は私はあまり好みません。
さて、前回のホンダジェットの翼面荷重80g/dm2でもハーフスロットルで十分浮きましたが、翼端失速はそうとうな激しい挙動となりました。今回はこれでまたメカの軽量化が一歩前進しました。機体の軽量化がどんどん進むと私の財布も軽量化しそうです。(笑)
スポンサーサイト


この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。