カッコイイ!飛行機製作日記
aero.que.jpホームページと連携し、日記形式で模型飛行機の製作過程や感じたことを紹介していきます。そのまとめはホームページに 資料として移していきたいと思います。


プロフィール

yhpon

Author:yhpon
FC2ブログへようこそ!



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



FC2カウンター



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


新作機製作着手
70douwaku1
あけましておめでとうございます。新年早々から新作機の製作を着手しました。
すでに設計は終わっており、材料手配も昨年末に終わって製作を待つばかりでした。
これまで私は純スタント機はほとんど作っていませんでした。というのもラジコン機で
一番市販機が多い激戦区であり、名だたる名機が山ほどある中で似たような自作機を作っても
あまり注目されないことは明白です。ただ今回はツインダクトでのスタント機のメドが
立ったのであえて挑戦します。しかも軽量かつ取り回しのいい機体を狙っています。
最近、うちのクラブのoositaさんがこんなF3Aの機体を持って来て素晴らしい飛びを披露していました。
もはや諭吉発泡でも50クラスがちゃんと飛びます。しかも某HK製の激安アンプ・モーターであり、
小さい飛行機が馬鹿らしくなるような値段で売っています。こんな完成機さえあるような
分野にあえて自作機を作る必要は全くないという感じを強く持ちました。
ですので世の中にない機体を作ることに価値を求めます。
今回はライトウエイトスポーツがコンセプトなので軽量に作ることも重要です。
写真の1番・2番胴枠は3mmベニア、それ以外は3mmバルサにカーボン補強とし、軽量化を狙います。
ダクト近辺に重量物が集中する構造なので前にはモーターマウントもなく軽量な構造で製作が
可能です。また、前胴体の曲線部はスチレンブロック+FRPとし、こんな構造とします。
軽量かつバルサの正確さが生かせる構造であり、優雅な前部曲線も再現でき、バルサとFRPのハイブリッドは
相性のいい複合素材となります。
スポンサーサイト


この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。