カッコイイ!飛行機製作日記
aero.que.jpホームページと連携し、日記形式で模型飛行機の製作過程や感じたことを紹介していきます。そのまとめはホームページに 資料として移していきたいと思います。


プロフィール

yhpon

Author:yhpon
FC2ブログへようこそ!



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



FC2カウンター



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


モーターパラの模型
hobokan
ほぼ完成しています。あとはライザーの取り付けだけです。パラグライダーといってもパラシュートでなくれっきとしたグライダーなので滑空はします。実機では初級機で滑空比8以上、コンペ機は10以上のグライダーもざらです。これはそんなにはないと思いますが。最近販売元のHPを見ていたら、ライザーを調整しないと飛ばないことがわかりました。どうも立ち上げでグライダーが頭の上にとどまらないと思っていました。調整はライザーをしばってアタックアングル(主翼の迎角)を落とすことのようです。これは納得できます。仰角を調整してとにかく動力なしでもグライドするよう適切なものしないといけません。あとはブレークコードに引きしろがどのくらいあるかということです。まったくわかりません。サーボのトルクを4kg以上のものを使えと書いているだけです。さて、パラの場合はブレークコードを右をひけば右に行きます。このとき右の翼は揚力は増大しますが、抗力のほうがさらに増えるため右に曲がります。エルロンとは働きが逆になります。パラグライダーは飛行物体の中では大変低速なものに入るので抗力で曲がるほうが効率的なものだと思います。パラの話は長くなりますので続きはまた後日。
スポンサーサイト


この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。