カッコイイ!飛行機製作日記
aero.que.jpホームページと連携し、日記形式で模型飛行機の製作過程や感じたことを紹介していきます。そのまとめはホームページに 資料として移していきたいと思います。


プロフィール

yhpon

Author:yhpon
FC2ブログへようこそ!



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



FC2カウンター



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


ジョイントウイング
joint-wing
FMSローテブリッツのデザイナーのtom-hinoさんから新しいデザインの機体を送っていただきました。斬新なデザインで今回も目を引くものです。飛行的には前部が主翼、後半が尾翼でいいんでしょうか。抵抗が少なそうなローテブリッツの血を引くものです。自分はこの方の機体を見てずいぶん惚れ込んだものです。結果としてローテブリッツ=プテラナードのFRPの成形にはじめて手を出すきっかけとなった記念すべきものです。前面なんかは私が作ったものと良く似ています。
どちらにせよまず、紙飛行機から実験してみたいと思いました。「実験したいの血」が騒ぎますね。
そうそうtomさん、youtubeの私のチャンネルにローテブリッツの飛行の映像を入れておきました。HPのより綺麗に見えると思います。
http://www.youtube.com/watch?v=RSwOIHPqAoY
スポンサーサイト


この記事に対するコメント

ponさん、早速のご紹介ありがとうございます。

ジョイントウイングは昔の科学雑誌か何かで、理論だけは見ていました。

実際にはどのような特性があるのか?想像の域を出ません。

カテゴリーとしては、ローテブリッツと同じカナードのような特性じゃないかと思っています。

前翼と後翼の翼端をジョイントすることで、それぞれの翼の剛性は出ると思います。

後翼は前進翼の特性を持っていると推測されます。

コントロールのことと、何よりカッコよさを考えて、翼端に補助翼を付けました。

ponさんの手で実物が大空を舞うことがあれば、うれしいです。(お前が作れって言われそうですが・・・汗)

ローテが、CGから実物になり、大空を飛んでいる映像を見たときは、飛び上がりたいほど感動しました。

また、笠岡で参加者の皆さんから注目を浴びているところを見たときには、我が子がほめられているような喜びでした。

youtubeの映像も、何とかダウンロードして、保存したいと思います。

僕の宝物です。

それでは、今年も頑張ってください。

【2011/01/13 23:02】 URL | tom #HHY6jYQ6 [ 編集]


tomさん、どうも。私も今でもローテブリッツを作っているとき「こんな形ものが本当に飛ぶんだろうか?・・・・」と思っていたことを強烈な印象で覚えています。力学はうそをつきません。飛べば正しさが証明されます。貴殿がデザインされた機体の正しさが証明された瞬間です。私も「感動をありがとうございました」と素直に感謝いたします。

【2011/01/14 21:41】 URL | pon #- [ 編集]


会社の同僚や、友人など、飛行機のことをあまり知らない人にローテを見せると、必ず言われるのが「えーっ、本当に飛ぶの?」って言葉です。

そんなときには、PONさんのサイトで動画を見せています。

おかげさまで、すごい説得力です。

【2011/01/15 23:01】 URL | tom #HHY6jYQ6 [ 編集]



この記事に対するコメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。