カッコイイ!飛行機製作日記
aero.que.jpホームページと連携し、日記形式で模型飛行機の製作過程や感じたことを紹介していきます。そのまとめはホームページに 資料として移していきたいと思います。


プロフィール

yhpon

Author:yhpon
FC2ブログへようこそ!



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



FC2カウンター



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


尾翼車輪
3tensyarin
3点式車輪の骨格を作っています。私の場合、好んで尾翼兼用車輪を用います。ひとつは主翼裏面に尾翼があるのはヨー軸安定には大変貢献します。それと車輪を兼用することで空気抵抗を減らしながらうまくまとまります。また飛行機にとって胴体着陸はできるだけ避けたいものと思っているので無尾翼であろうと重さがかさもうと車輪は付けます。今回は特に脱着式ということで考えることが多くあります。接合の仕方、ボルト部、重さ、繰り返し精度等、接着のみでは考えられないほど敷居が高くなります。設計時にもっと詰めれば制作も早いのでしょうが、ここらは作りながら考えることが多く、またそれが楽しみでもあります。一応考えがまとまり、骨格部とはりぼて部に明確に分けることとしました。主翼にかなり噛んでいるので合わせは現在の状態を優先して合わせます。また尾翼のトーインも2度くらい予めつけてあります。またGWSの主翼の車輪は細いのでそれほどのグリップはなく、車輪の舵はありませんが、ベクターの推力でいくらでも機体を振れるだろうと皮算用しています。この尻振り推力を使い飛行機で540度ストールターンを行うのが目標です。きっと手裏剣みたいとスピンすると思います。あまりやり過ぎるとそのままブーメランみたいに落ちるとおもいますが(笑)
スポンサーサイト


この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。