カッコイイ!飛行機製作日記
aero.que.jpホームページと連携し、日記形式で模型飛行機の製作過程や感じたことを紹介していきます。そのまとめはホームページに 資料として移していきたいと思います。


プロフィール

yhpon

Author:yhpon
FC2ブログへようこそ!



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



FC2カウンター



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


バルサプランク
kikka-tanw
橘花の翼端部分です。バルサフルプランク作業を行なっています。良質なバルサが手に入ったため大変軽いものになっています。翼端部に力が掛かるとも思えずスパーは入れていません。前後縁と接続部のみで強度を持たせようと思っています。後縁はエルロンですので切り離して別途製作とします。今回はじめてスチロールコアのバルサプランクをしてみましたが、主翼の成形の綺麗さがリブ組と比べて段違いに良く正確です。やはり性能の良さは翼の正確さから生み出されます。私が電動の世界に戻って、最初に感じたのはバルサリブ組でスチレンフルプランクをした機体が妙に性能がいいのに気がつきました。やはり翼型が正確にできていたためと思われます。フルプランクは重いという意見もあるかもしれませんが、そのハーフプランクの窓分のバルサの重さなんて正確な翼型で相殺され、なおお釣りが来るものということを感じています。そんな意味で私はハーフプランクの機体よりフルプランクの機体を好んで作っています。
スポンサーサイト


この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。