カッコイイ!飛行機製作日記
aero.que.jpホームページと連携し、日記形式で模型飛行機の製作過程や感じたことを紹介していきます。そのまとめはホームページに 資料として移していきたいと思います。


プロフィール

yhpon

Author:yhpon
FC2ブログへようこそ!



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



FC2カウンター



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


カーボンティッシュ利用法
カーボンティッシュ利用法
橘花の表面処理について検討しています。エンジンナセルを製作していますが、ほとほと表面処理の難しさに閉口しています。FRPの凸凹を平滑処理しきれずまたパテ工程まで戻ったりしています。また塗りこむことよる重量増も軽視できず、ジレンマに陥っています。そんなわけでまた新しい工法を模索しています。前回のスピアーバードで初めてカーボンティッシュをグラスで挟む工法をしましたが、またアイディアが浮かびカーボンを表面にする工法を思いつきました。もともとカーボンティッシュは堅いですが、引張り強度自体はなく卵のカラのような割れ方をします。また厚みがある布ですので、樹脂を吸い込みやすく直貼り等に使うにはやりにくい面が多々あります。ただし、私のようにオス型の表面に使うにはちょうどサーフェーサーマットのようになって大変都合がいいようです。写真は実験した結果ですが、マイクログラスを3枚重ねたのちカーボンティッシュを貼っています。あくまでもカーボンティシュは表面処理用ですので水研ぎを前提として貼りつけています。水研ぎをするなら厚みのあるほうがよく、表面を綺麗に削れます。実験した結果荒い表面がわずかな研磨手間で平滑になることがわかりました。素晴らしい。FRP胴体の表面処理を考えるとき、塗装まで含めたものを考慮することが重要です。凸凹をパテと塗料で水研ぎするのは容易ではありません。また塗料は重さが嵩むわりに強度は全く関係ないものになってしまいます。この方法なら塗装を最小限にしながら強度がより以上のものが作れます。さっそく橘花に採用が決定しました。
スポンサーサイト


この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。