カッコイイ!飛行機製作日記
aero.que.jpホームページと連携し、日記形式で模型飛行機の製作過程や感じたことを紹介していきます。そのまとめはホームページに 資料として移していきたいと思います。


プロフィール

yhpon

Author:yhpon
FC2ブログへようこそ!



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



FC2カウンター



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


カーボンティッシュ表皮
dousita
カーボンティッシュを表皮にした初の工作物です。翼の下につく胴体と一体化するカバーになります。ティシュの下にはグラスが3枚敷いてあります。単純な形状ですので一発で加工できます。FRP整形過程はまるで樹脂や繊維との対話を繰り返しながら製作を行うようなものです。樹脂を混ぜる工程から始まり気温のぐあいを考えて樹脂粘度をみながら泡のたちぐあい、透明度を丹念にみていきます。混ぜていくと樹脂から「もーいいよー」と声がかかります。そこで一気に作業をはじめます。ここからはできるだけ関係のない作業は禁物です。今度は繊維と対話をし始めます。塗り具合やひっぱりぐあい押さえ具合を丹念に拾っていき、またつぶしていきます。カーボンティッシュには樹脂がある程度染み込んだ段階で繊維の態度が変わります。この態度が変わる瞬間から張り込みの本当の作業がはじまります。詩的な表現ですが、繊維の態度を把握して機嫌を伺うのが多少うまくわかったきましたので作業はしごく順調に進みました。
スポンサーサイト


この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。